共済目的(ご加入いただけるもの)

水稲

※ただし、水稲20アール・麦を10アール以上耕作している農家は、当然(自動的に)加入することとなります。

共済事故(共済金の支払対象となる事故)

①風水害、干害、ひょう害、その他気象上の原因(地震、噴火を
含む)による災害
②火災
③病虫害
④鳥獣害

風水害イメージ

共済責任期間(補償期間)

本田移植期から収穫期までです。(直播の場合は、発芽期からです。)
※なお、ほ場で乾燥する場合、通常の乾燥期間に限り、共済責任期間となります。

加入方式と支払開始損害割合

次のような加入方式があります。

一筆方式(支払開始損害割合3~5割)
 耕地ごとの補償で、耕地ごとの収穫量がその耕地の基準収穫量に農家が申し出た支払開始損害割合を掛けた収量を超えた場合に共済金をお支払いします。

半相殺方式(支払開始損害割合2~4割)
 農家単位の補償で、被害耕地の減収量の合計が、農家ごとの基準収穫量に農家が申し出た支払開始損害割合を掛けた収量を超えた場合に共済金をお支払いします。

全相殺方式(支払開始損害割合1~3割)
 農家単位の引受けで、各耕地の減収量と増収量を相殺した減収量が、農家ごとの基準収穫量に農家が申し出た支払開始損害割合を掛けた収量を超えた場合に共済金をお支払いします。

品質方式(水稲)・災害収入方式(麦)(補てん割合9~7割)
 農家単位の補償で、農家ごとの減収又は品質の低下による収量が基準収穫量に達さず、生産金額が基準生産金額に農家が申し出た補償割合を掛けた生産金額に達しない場合に共済金をお支払いします。

※基準収穫量:天候を平年並みとみなし、通常期待し得る収量、つまり平年収量です。 ※基準生産金額:品質を加味した平年的な生産金額です。 ※全相殺方式、品質方式・災害収入方式については、生産量のおおむね全量をJA等に出荷しているなどの要件があります。

共済金額(補償額)

一筆方式
 共済金額=kg当たり共済金額×基準収穫量×(1-支払開始割合)

半相殺方式・全相殺方式
 共済金額=kg当たり共済金額×基準収穫量の合計×(1-支払開始損害割合)

品質方式(水稲)・災害収入方式(麦)
 共済金額=基準生産金額×補てん割合

※kg当たり共済金額は、政府の買入価格等を基に農林水産大臣が公示する金額です。

負担いただく共済掛金

負担いただく共済掛金=共済金額×共済掛金率×1/2

※共済掛金の残りの1/2は国が負担します。 ※共済掛金率は3年ごとに改定されます。 ※過去の被害発生状況に応じて、危険段階ごとに設定した共済掛金率が適用されます。 ※共済掛金とは別に事務手数料(事務費賦課金)が加算されます。

麦危険段階別共済掛金率(31年産~) ファイルリンク

お支払いする共済金の算出

一筆方式
 支払共済金=kg当たり共済金額×耕地ごとの共済減収量
 共済減収量=(被害耕地の基準収穫量-被害耕地の収穫量)-被害耕地の基準収穫量×支払開始損害割合

半相殺方式・全相殺方式
 支払共済金=kg当たり共済金額×農家ごとの共済減収量
 共済減収量は方式によって次のとおりとなります。
  ・半相殺方式:(被害耕地の基準収穫量の合計-被害耕地の収穫量の合計)-農家の基準収穫量×支払開始損害割合
  ・全相殺方式:(農家の基準収穫量ー農家の収穫量)ー農家の基準収穫量×支払開始損害割合

品質方式(水稲)・災害収入方式(麦)
 支払共済金=(基準生産金額×補てん割合ー生産金額)×共済金額÷(基準生産金額×補てん割合)

次のような減収については共済減収量として取り扱いません(分割評価)

①肥培管理が不十分なために生じた減収
②共済事故以外の原因による減収
③獣害の発生が複数年続いた場合の減収

損害防止事業を実施しています

農作物共済(水稲)では、病害虫や有害鳥獣による被害の未然防止を目的に損害防止費用の一部を助成しています。

無事戻し制度があります

次の条件を満たす場合、掛金の2分の1を限度に無事戻し金をお支払いします。
 ①3年間継続加入いただいていること
 ②3年間、共済金及び無事戻し金の支払いを受けていないこと。または、前3年間に受け取った共済金と前2年間に受け取った無事戻し金の合計額が前3年間に納めた掛金の1/2に満たないこと。
※総代会の議決や収支状況によっては、お支払いできない場合があります。