共済目的(ご加入いただけるもの)


牛の胎子・子牛


※加入いただく畜種について飼育している全頭を加入いただきます。(包括加入)

共済事故(共済金の支払対象となる事故)

①死亡(死廃事故)
②廃用(死廃事故)
③病気(病傷事故)
④ケガ(病傷事故)
※指定獣医師の診療をうけた病傷事故については、診療費等を指定獣医師に支払います。

共済責任期間(補償期間)

掛金を納めていただいた日の翌日から1年間です。

共済金額(補償額)

共済金額=家畜の共済価額×補償割合
※家畜の共済価額は飼養家畜の資産価値(評価額)のことです。 ※補償割合は20%~80%の間で加入者が選択できます。

負担いただく共済掛金

負担いただく共済掛金=共済金額×共済掛金率×1/2(豚の場合は0.6)
※共済掛金の残りの1/2は国が負担します。(豚の場合は4割負担) ※共済掛金率は3年ごとに改定されます。 ※共済掛金とは別に事務手数料(事務費賦課金)が加算されます。

共済金が支払われるのは

加入いただいている家畜が死亡した場合、又は廃用となった場合に支払われます。
加入いただいている家畜が病気やケガで獣医師の治療を受けた場合に支払われます。

お支払いする共済金の算出

死廃事故の場合
 支払共済金=(事故家畜の評価額ー肉皮等残存物価額又は基準額、賠償金等)×補償割合
※補償割合は事故発生時の飼育頭数によって変動しますので、加入時の補償割合とは異なります。 ※過去の被害率が府下の平均を超える被害農家については共済金額に応じて支払共済金に限度額を設けています。
病傷事故の場合
 支払共済金=診療費(10円×診療点数)
※初診料や限度を超える診療費は農家負担となります。